近況

館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技

Img_2835_kujiraaa愛媛で開催中の展覧会に、行ってきました。館内は撮影禁止になっており詳細はお見せできませんがとてもすばらしかったです。

Img_2840_kujiraaa_2


このジオラマのみ撮影可となっております。

Img_2842aa


後こんな垂れ幕もかかっていました。当日は平日であったせいか、来館者は少なく、ほぼ貸しきり状態でゆっくり回ることができました。今はCGが全盛ですがウルトラマン世代としてはとても興味深く予定時間を大幅に超えて特撮にはまってしまいました。

Img_2826aa


翌日広島に行ったついでに、呉の大和ミュージアムにいってきました。そろそろ模型の仕上げにかからないとね。

近況



 台風接近中です。

幸い四国沖を通過しそうなので、こちらは大丈夫そうです。昨年末より眼の具合が悪く、3月に再度手術を受けました。半年が経過しほぼ前の状態に戻りましたので、大和制作を再開しました。

残りの作業はあまりありませんので、近いうちに完成できそうです。

Blog20

予約しました。 10月下旬より送るとのこと、

1/32スケールの零戦21型です。9月末まで予約出来ますので興味のある方は、検索してみたらいいと思います。

Blog21


サイズも手ごろなので,置く場所にも困らないと思います。細部にこだわって、作りこんでみます。ディアゴと違い1っ回で届きますので楽しみです。

Img_2559a こんな物を作ってみました。何だと思いますか?

Img_2561a 船体の方も大分仕上がってきつつあるので、埃をかぶらないように毎回ケースに入れていたのですが、その度にどこか壊れます。制作するより修理の方に時間がかかっていたので、これを作りました。

Img_2563a 名付けて超安心大和昇降マシーンです。

使用は、いたって簡単 船底に架けて両手で操作するだけです。巾もケースの内寸に合わせているので、簡単にセンターに収まります。今空中線に取り掛かっていますので・・・もう少しで完成です。

右舷側の制作

昨年夏以来の更新です。

制作の方は、ぼちぼちとやっていましたが、最近になりペースを上げてきています。

Img_2442a

今回新たに加えたのが舷外電路の引き込み口です。この部分は、もうすでに、大和魂さんも創っておられましたが、これから作られる方はぜひ加えてみてください。この部分は、ハセガワの戦艦カレンダーの表紙でも丸いふくらみが確認できます。

Img_2442b

あと船体のリベットの表現ですが、平頭鋲の使用を想定して、付けています。まだ途中ですがもう少し出っ張りを抑えていこうとは思っていますが、まだ最終形は決めていません。

あと今年は雪が多く、昨年来の積雪が、まだ残っています。さらに昨日も20センチ程積りました。車の運転にはご注意を。

少しも涼しくなりませんね。

Img_2426b_2 号令台を作り直しました。

前は、壇上の板目はシールプリントで作って貼っていたのですが、気になっていたところなので今回木製にこだわりシナ材で作って見ました。壇上の板は8枚のパーツを張り合わせて作りました。しかしこのスケールになると見てもわかりません。後階段も、0.2ミリ厚まで削った同じくシナ材で作ってみました。こちらもリアリティに欠けますが、なんでもトライです。ところで先々週なんと熱中症でダウンしてしまいました。私用で新居浜の方面へ出かけていたのですが、40度近くでの屋外の作業を甘く見ていました。この時期屋外での作業は、本当に命がけです。いつまでも暑いですが、くれぐれも無理をしないようにしましょう。

まだやってますよ

あっという間に7月になっちゃいました。

Img_2385a   

前にプラ棒で作っていた給油口等を真鍮釘で作り直しています。

リュウターを使いめんどりをしました。 でピンバイスで甲板に穴をあけて突き刺していきます。

Img_2387a

見た目はあまり変わりませんが、プラからブラスへ変わって自分的にはいい感じです。

Img_2389a 艦橋トップの円形のレーダー?も創りなおしました。

ここは前回オーバースケールで気になっていた場所です。

Img_2405a ドラム缶を作ってみました。

ちっこいので縮尺が合っているのかわかりずらいので大和の甲板に乗せてみました。

Img_2406a

ちょっと大き過ぎですがまあ良しとしときます。

停泊灯の作り替え

以前制作していた停泊灯が、いつの間にかなくなっていました。いくら探しても見つかりませんので、また作ってみました。

Img_2383a_3

前のままでは芸がないので、旗竿用のロープも付けています。ラッタルのところのロープと同じテグスですが、白と黒で大きさが違って見えます。今日一日かけてこれだけです。進まんですね。

艦尾側乗船用ラッタル

Img_kanbi 久しぶりの更新となってしまいました。

思うように進みませんが、こんなものを作っています。あせらず、ぼちぼちですわ。

老眼か?

Img_2371a 制作に関して、ずっと肉眼でやってましたが、最近こんなものを、購入しました。

 便利になると思いきや、慣れるのに結構時間がかかりそうです。

Img_2374a

ヤードの旗綱を細いものに変えてみました。テグスを黒系で塗装しています。サイズは0.97ミリです。これでもオーバースケールですが、らしく見えるサイズだと思います。

Img_2376a

 なんとなく赤城の、定期購読を申し込んでしまいました。写真は、大和の時の私のバインダーです。オフィシャルの物ではありませんが、1冊あたり30部余りは、閉じられます。しかも1個400円以下で購入出来ます。

今度の赤城も100号まで続きますので、バインダーは、あったほうがいいと思いますが、純正品でなくても十分だと思います。

Img_2374b

今の制作状況です。防弾用の麻袋を、映画を参考に付けています。しばらく赤城と並行して制作します。がディアゴの赤城2号がまだ届きません。さすがディアゴといったところでしょうか。またしても、ばらばらの配布内容だと思われますので、ある程度まとまってから作業を開始しようと思っています。

乗船用ラッタル

Img_2368a_3 梯子を船体に取り付けしました。可動式にするつもりでしたが、結局接着しています。あと舷窓のガラスを入れました。もっと磨きあげたほうが良かったようです。

Img_2369a

艦首の表示を、シールで創ってみました。

自分のプリンターは、白色が再現できないので非常に苦労しましたが、なんとかそれなりに出来ました。これからドラム缶の制作です。

«艦尾の構造物

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ